変形性股関節症(寛骨臼形成不全)に貧乏ゆすり

貧乏ゆすりは、2010年7月16日「テレビ東京たけしのニッポンのミカタ」で紹介されたのをきっかけに、その後、2012年2月1日にはNHK「ためしてガッテン」でも紹介され、今や頻繁にマスコミに取り上げられるようになった超有名な運動療法です。

貧乏ゆすりの考案者(故)井上明生氏によると、貧乏ゆすりが有効な条件とは、

<有効であるためには>

  • 臼蓋形成不全の程度が軽度
  • 歩き回るような仕事にはついていない
  • 「貧乏ゆすり」をする十分な時間がある

<どれぐらい動かせばよいか>

  • 臼蓋形成不全が軽度であること
  • 胸郭が一日23000回動いていることを参考に
  • 「健康ゆすり器」を使えば1時間50分
  • 自分で動かすときには3~4時間
保存療法としてのジグリング|井上名誉院長の変形性股関節症のお話|柳川リハビリテーション病院より

とのことです。(注:引用中の臼蓋形成不全とは寛骨臼形成不全のことです。)

そもそも、貧乏ゆすり発見のきっかけは、

貧乏ゆすりのヒントになったのは、カナダの整形外科医・ソルター博士が考案した、CPMという医療機器でした。ソルター博士は、呼吸のために24時間や住むことなく動き続けている肋椎関節と胸肋関節には、生涯、関節症が起こらないことに着眼しました。そして、関節の可動域を広げるCPMを使って、ウサギの膝の関節軟骨が再生することを証明したのです。 つまり、たゆまずに小刻みに動かすことが、軟骨の再生には必要不可欠だということを証明したのです。 ~(中略)~ 同様の効果が得られる摩擦運動はないかと模索して、思いついたのが貧乏ゆすりです。

安心 2018,10月号より

とのことです。

ご興味のかる方はこちらもご覧ください。
→ Jiggling(貧乏ゆすり)を併用したキアリ骨盤骨切り術

末期変形性股関節症に貧乏ゆすりが有効

~ 略 ~
手術せずジグリングのみを行った症例では43股(30%)で関節裂隙の開大が見られた。有効群と無効群の患者背景の比較では年齢、術前Sharp角、術前AHIなどに差は見られなかったが、初診時にroof osteophyte(臼蓋の骨棘)を有する割合は有効群で有意に高かった。 ~略~

参照:Medical Tribune 医療ニュース 末期変形性股関節症に貧乏ゆすりが有効

(故)井上明生氏による貴重な講演動画

第41回日本股関節学会における井上名誉院長の講演 「変形性股関節症に対するジグリング(貧乏ゆすり)の効用」

考察

十人十色といいますが、変形性股関節症の患者さんも10人いれば皆それぞれいろんな考え方の方がいます。

  • 自己療法[体操や運動療法(プールや筋トレ等 )]でなんとかしたいとお考えの方。
  • 薬でなんとか痛みを止めたいとお考えの方。
  • とにかく痛みをなんとかしたいので手術を考えている方。
  • 薬も手術もイヤで病院以外の代替療法でなんとかしたいとお考えの方。

「自己療法でなんとかしたい」とお考えの方にはこの貧乏ゆすりは一つの選択肢だと思いますし、これは理にかなった良い方法だと思います。

しかしながら、一日に23,000回 3~4時間行う必要があることを考えると相当な努力が必要となります。自動ジグリング器(健康ゆすり器)を使えば1時間50分で済むとのことですが、毎日行うとなるとやはりそれ相応の努力は必要です。また、実際、自動ジグリング器を使用されている患者さんのお話を聞くと、「やっても痛みがなかなか消えないので今は使っていない」との声をよく聞きます。

柳川リハビリテーション病院 名誉院長 井上明夫氏(故)は、安心2018,10月号の中で、貧乏ゆすりがすり減った軟骨を再生させる唯一の方法とおっしゃっておられますが、これは、「他に科学的データがない」という意味だと思います。

貧乏ゆすり以外の方法で軟骨再生の成果を出している病院やクリニックとしては、福岡県のひらの整形外科クリニックや富士温泉病院などが有名です。

決して貧乏ゆすりだけが軟骨再生の唯一の方法ではありません。論文や学会で発表できるだけのデータの蓄積はありませんが、当院でも、軟骨再生は経験している現象であります。