股関節唇損傷

股関節唇損傷とは、寛骨臼の淵を唇のよう覆ってい線維軟骨が損傷を受けている状態のことです。

寛骨臼形成不全や大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)などによる骨の形態異常が原因にで起こります。

 

股関節インピンジメント(FAI)は、股関節(大腿骨頭 と 寛骨臼)の形態異常が原因で、股関節唇を挟みこんでしまい(インピンジメント)、股関節に痛みが起こります。

股関節唇損傷を引き起こしますが、進行すると、関節軟骨にまで損傷が波及して変形性股関節症へと進展してしまいます。

大腿骨頭が大きいタイプ

大腿骨頭が大きく、股関節唇を挟み込むものを「カム型」と言います。

寛骨臼が大きいタイプ

寛骨臼(被り)が大きいものを「ピンサー型」と言います。