食道裂孔ヘルニアによる胃酸の逆流を改善

食道裂孔ヘルニアを改善する整体

食道裂孔ヘルニアについて

食道裂孔ヘルニア イラスト

横隔膜という筋肉には①食道裂孔 ②大静脈孔 ③大動脈裂孔、という孔が3つ開いています。
そのうちの ①食道裂孔には食道が通り、その下に胃があります。

食道裂孔ヘルニアとは、胃が食道裂孔から上へはみ出てしまった状態をいい、「滑脱型、傍食道型、混合型」があります。

食道裂孔ヘルニア イラスト

参考文献:食道裂孔ヘルニア(PDF)

原因

『腹腔内圧の上昇、下部食道括約筋の弛緩』により胸やけなどの諸症状が起こりやすくなります。

  • 肥満
  • 猫背、背中が丸くなる
  • 窮屈な服装、コルセット、補正下着など
  • 咳や くしゃみ
  • 横隔膜の筋力低下
  • 先天性
  • ストレス

など。

症状

食道裂孔ヘルニア があると、逆流性食道炎を起こしやすくなるので、胸やけ、胸痛、胸のつかえ感、息苦しさ といった症状を起こすことがあります。

逆流性食道炎 症状を詳しく見る >>

しかしながら、食道裂孔ヘルニアであるからといって、すぐに症状がでるわけではなく、無症状の場合も多々あります。

食道裂孔ヘルニア自体は構造の異常であり、症状がなければ大きな問題はありません。

症状の発症は、腹圧上昇、偏食やストレスなどを引き金にして起こる場合ががあります。

整体だからできること

西洋医学的には食道裂孔ヘルニアに対する薬があるわけではなく、胃酸を抑える薬を使うか漢方薬で胃の働きを良くするぐらいです。症状が進行した場合は手術を検討することになります。

薬で治らない逆流性食道炎は姿勢改善が必要です。

食道裂孔ヘルニアは、お腹の中の圧(腹圧)が高くなったり、下部食道括約筋の締め付ける力が弱まったりすると起こります。つまり腹圧を高めないためには、背筋を伸ばして姿勢を良くしたり

愛知医科大学 春日井邦夫教授がおっしゃる通り、下部食道括約筋が緩む要因の一つは「前かがみ姿勢による腹部圧迫」であることは医学的に分かっています。

食道裂孔ヘルニアの腹腔内圧が高まる姿勢

食道裂孔ヘルニアは腹腔内圧の上昇が症状悪化の要因となるので、これを改善させるために必要なことは、「背筋を伸ばせる姿勢をつくる」です。

背筋を伸ばすことにより、腹圧が均等になり、逆流が治まります。

姿勢と腹腔内圧

下部食道括約筋は骨格筋ではないので、いわゆる「筋トレ」で鍛える方法はありません。腹腔内圧を下げることによって噴門は開きにくくなり、胃酸の逆流も起こりにくくなります。

お医者さんも、前かがみの姿勢を正すことを推奨しているのですが、ご存知のとおり、腹圧をかける前かがみの姿勢(猫背)を治す薬はありませんし、前かがみを治す術をお医者さんは知りません。

食道裂孔ヘルニア 整体

「姿勢を良くする」… 簡単そうですが、ご本人の努力だけではどうすることも出来ないことがあります。

それは、筋肉に硬結や筋膜に癒着が起きてしまっている場合です。そういった場合、お医者さんに「姿勢を正せ」と言われても、ご本人の努力では姿勢を正すことができなくなっています。

無理に背筋を伸ばしてもうまくいかない

無理に背中を反らすだけでは、正しい姿勢とは言えず、ただよけいに背中や腰を痛めてしまうばかりです。

ところが、この姿勢。筋硬結や筋膜癒着を改善させ骨格を正すことは、整体がもっとも得意とする分野なのです。

また、下部食道括約筋の位置は解剖学上、胸椎の10番~11番であることが分かっており、逆流性食道炎の症状で悩んでいる方の場合は、そこが「屈曲(前かがみ)、左傾き」になっていることも整体臨床上分かっております。

食道裂孔ヘルニア 整体

姿勢を直して緩んだ噴門を引き締める体づくりをしていきましょう。

<主に使われる整体手技>

  • 腹腔内圧除去テクニック
  • 胃内圧除去テクニック
  • 下部食道括約筋圧テクニック