30歳 40歳以上の大人(成人)の場合

子どもの頃に発症する特発性側弯症ですが、この頃は無症状である場合がほとんどです。

しかしながら、大人になると体のあちこちに体調不良や痛み(背中の痛み、腰痛、股関節の痛み、機能性胃腸障害、逆流性食道炎、月経痛)なとの不調を訴えだし、いろいろと不安や悩みがでてくることがあります。

何故?

当院では、側弯症を 特発性(脊椎自体の病気) と 機能性(筋肉など支持組織の失調) に分けて考えております。

特発性側弯は脊椎自体の病気でありますが、成長期には、痛みや不調を伴わずに骨のズレやインピンジメント(神経などへの圧迫)を起こさずに成長していくので無症状な場合がほとんどです。(角度にもよりますが、多くは50度以内の場合)

しかしながら、大人になると、体の使い方、姿勢、ストレス、生活習慣などにより 機能性側弯を併発の割合が多くなってきます。

機能性側弯とは、簡単に説明すると、いわゆる 『歪み』 のことで、主に筋緊張のアンバランスにより、骨(関節のズレ)や姿勢の悪さ、内臓の位置異常 などにより体各部に構造的に負担がかかり障害を起こすものです。

痛みの好発部位>>

本来、弯度と姿勢の悪さは別に考えるべきですが、弯度が高いほど、大人になって姿勢が悪くなるリスクが高まります。

未だ原因不明で発症する側弯症ですので、いろいろと将来に不安を感じる方も多いのでが、そのような場合、おひとりで悩まずにまずはお気軽にご相談ください。

50歳 60歳以上の場合

子どもの頃は側弯症ではなかったけど、50歳を超えるころ(閉経後)から急激に背骨が曲がり、側弯症になる場合があります

これは、変性側弯症(変形性側弯)による場合がほとんどです。

脊椎が変性(変形)を起こした結果起こるので、弯曲した部位に耐え難い痛みを伴う場合が多くあります。

脊椎に変性(骨棘やすべり症、脊柱管狭窄 など)が起こっているので施術も時間がかかり、じっくりと施術を行う必要がある疾患です。