スマホ首、テキストネック

スマホ首のキャッチ画像

スマホ首とは、スマートフォンを使用しているときの首の形をいいます。頭を下に傾けて首を屈曲している状態です。

この姿勢を長期間反復的に行われることによって、頭部前方偏位が起こり、首の痛みをはじめとし様々な症状が体に起こってきます。

原因

スマホ首は反復性ストレス障害(repetitive stress injury)です。

反復性ストレス障害とは、繰り返し同じ動作を行うことによって起こる障害のことで、この場合は一連のスマホ操作のことです。

スマホをしているときの姿勢 ⇒ 頭が前に出ている姿勢

通常の姿勢では、耳の下に肩がきます。しかし、スマホ操作を行っているときの頭を前に倒し見下ろす不自然な姿勢では首に大きな負担をあたえ、肩こりや首の痛み、慢性頭痛などのいろいろな症状を引き起こす原因になります。

ストレートネックと混同しやすい

ストレートネックは首がまっすぐであるという状態を示した言葉です。なので原因はスマホに限りません。逆に、スマホ首はスマホをしているときの首の形なので、ストレートネックになっているかは問いません。ストレートネックでないスマホ首の方もたくさんいます。首が前にとび出ていればストレートネックと思っている方がたまにいます。また、雑誌やテレビなどでも報道することがありますが、それは間違えです。

症状

スマホやタブレットなどを見下ろしている姿勢は、首の筋肉に大きな負担を与えます。頚椎・神経・椎間板を圧迫するので首肩を中心とした症状がおこります。また、背中はお尻よりも後ろにさがり、巻き肩、猫背になるので、胸(食道や呼吸器)や胃を圧迫し、いっけん首とは関係のないさまざまな不調や失調症をおこします。

  • 肩こり・首の痛み
  • 椎間板症(椎間板性疼痛)、頚椎症、手のしびれ
  • 慢性頭痛
  • めまい、吐き気
  • 自律神経失調症
  • うつ、やる気が出ない
  • 胸焼け、逆流性食道炎
  • 息苦しさ

など。

症状が進行すると、頚椎症性神経根症までなることがあり、そうなると、首から腕にかけてのしびれや激痛を引き起こすようになります。

スマホ首 簡単チェックテスト

試しにスマホをしている姿勢で深呼吸をしてみてください。次に、スマホを止め正しい姿勢をして深呼吸をしてみてください。どうですか? スマホをしている姿勢のときと胸を張って正しい姿勢をしているときでは深呼吸のしやすさに差があるはずです。

姿勢を変えるだけで、体内に取り込む酸素の量は30%も変わってきます。スマホ首の状態では酸素を取り込む量が減ってくるので、体内の血行が悪くなります。それに伴って一見首とは無関係に思える様々な失調症が起こる可能性も出てきます。たとえば、冷え性・だるい・疲れやすい・やる気がでない・自律神経失調症・息苦しさ など。

(関連記事:腹式呼吸

対処

スマホ首による首の負担は、頭を傾けた角度によって変わってきます 。↓

米ニューヨーク市の脊椎専門のクリニック ケネス ハンスラージ氏(Dr. Ken Hansraj )の研究によると、頭を前に倒す角度によって、15度で12Kg 30度で18Kg 45度で22Kg 60度で27Kg と首への負担が増していくそうです。

スマホを使うときの姿勢

スマホを使うときの姿勢、首の位置に注意しましょう。

目線が下にならないようにスマホの位置を上にあげ、スマホ自体も垂直に近い角度を保って持つようにします。また、15分以上の連続使用も避けるようにしましょう。

頭が下がらないためのスマホの持ち方

スマホを持つ角度 45°以下 スマホを持つ角度 45°以上

スマホを持つ角度によって首の角度も変わります。

ターニングポイントはスマホを持つ角度が「45°」です。45°以下の場合は非常に危険です。この場合、首も同時に下へ下がって首への負担が相当に増えます。45°以上になる様に持ちましょう。

45°以上に持つためには、小指の置き方が大切です。上の写真にあるように、スマホの横に小指を添えるのか、下に添えるのかでスマホの角度が大きく変わってきます。

テキストネックとは?

テキストネックとは、スマートフォンやタブレットなどのハンドヘルド(handheld:片手持ちサイズのコンピューターの総称)が首に大きな負担をかけ、様々な症状を引き起こす。というものです。

日本でいうところの「スマホ首」や「スマホ症候群」に相当するものです。

テキスト・ネック(Text Neck)は、フロリダ州のカイロプラクター ディーン・フィッシュマン(Dr. Dean Fishman)によって提唱されました。日本ではまだなじみのない言葉ですが、欧米ではストレートネックやスマホ首よりも話題になっており、テキストネックという言葉が浸透しています。