症状について

逆流性食道炎 症状 で特に多いのは、『胸焼け(胸やけ)・呑酸(どんさん)・胸のつかえ・胃もたれ』です。

肉・脂っこいものやオレンジなどの柑橘類、刺激の強い香辛料などを食べた後に症状が起こりやすくなります。

主な症状

  • 胸焼け … 胸に起こるジリジリとした灼熱(しゃくねつ)感。
  • 呑酸(どんさん) … 口の中に胃酸が上がってきて酸っぱい。(すっぱいものが上がってくる)胃酸が口に上がってくることを繰り返すと、口の中が酸性に傾いて 虫歯になりやすくなります。
  • 声枯れ、喉(のど)や胸の違和感やつかえた感じ。
  • 歯軋り(はぎしり)をしやすくなることがあります。
  • 胸の痞え(つかえ)た感じ、つまった感じ。
  • 胃痛(胃の痛み)、心窩部痛(鳩尾:きゅうび)
  • 胃もたれ。
  • 背中の痛み(背部痛) … 背中の痛みやコリが取れず、胃の具合も悪いので病院へ行って検査をしたら 逆流性食道炎と診断されるケースもあります。
  • 耳の痛みとして感じることもあります。

続発的におこる症状

  • 胃がもたれた感じ、胃が下垂している感じ。
  • 食欲がない、食欲不振
  • 胃や食道が気持ち悪い、気持ち悪くなる、吐き気(朝方の吐き気)
  • げっぷがよく出る。げっぷをしないと気持ち悪い。
  • 不安、うつ、胸苦しさ、胸が痛い、動悸がする
  • 息苦しさ、息苦しい
  • 喉の奥が焼けるような違和感がある。
  • 喉が焼ける感じの息苦しさ
  • 酸蝕歯(さんしょくし):胃酸で歯が溶ける
  • 口の中が常に酸っぱい、苦い。舌苔(ぜったい)がある