逆流性食道炎 食事について

最も基本的なことですが、食事 で大切なことは「食べ過ぎない」ことです。 一度に多くの食事をとることにより、胃内圧が上がり、胃液も増加して逆流が起こりやすくなります。

また、食事は、急がずにゆっくりと、すすらないで食べるのが、コツです。

肉食は減らし、野菜中心の食生活へ

豚肉や牛肉などは逆流性食道炎を悪化させるので「禁止食」とされています。野菜中心の食生活に切り替えることが大切です。

どうしてもお肉を食べたいときは、鳥肉にします。

ご飯は玄米を中心とするのが良く、理想は100%玄米ですが、初め難しいようでしたら、3割 → 5割 …。 と除除に増やしていくようにしましょう

逆流を起こしやすいといわれている飲食物

トンカツやコロッケ、てんぷら 等の脂っこい食事をとると「胸焼けがする」という方、多いのではないでしょうか?

これは、脂肪をとったときに働くホルモンの影響によるもので、食道下部の括約筋をゆるめて、胃液や胆汁を食道に逆流しやすくしてしまうために起こります。

以下、取りすぎに注意したい飲食物

高脂肪食、揚げ物、オレンジなどの柑橘類、唐辛子やコショウなどの香辛料、食塩、ミント、カレー、ケーキや和菓子など甘味の強いお菓子、コーラなどの炭酸飲料、カフェインが多いコーヒーやお茶、アルコール … など。

極端に体調が悪いと「おかゆ」のみの食事が続いてしまうことがあります。 しかし、それでは栄養の偏りが出てきますし、体力も衰えていってしまいます。

キチント食べることも大切であることを忘れてはいけません。

基本的に食事は1日二食です。

具体的な食事のポイント

  • ご飯は必ず玄米、他の雑穀を入れてもなお可 … 初めは100%でなくても良いので除除に増やしていく
  • 基本的にダシはシイタケと昆布。カツオだしは不可
  • 一日二食
  • 旬でない物は避ける。

食事 具体例 その1

昼食

  • 「ひじきの煮物」 … ひじき、レンコン、ニンジン、シイタケ、シイタケの戻し汁、黒砂糖、醤油
  • 「大根おろしの醤油がけ」 … 大根おろし、醤油
  • 「ご飯」 … 玄米、ハト麦、梅干し、ゴマ塩
  • 「味噌汁」 … シイタケの戻し汁、昆布でとったダシ、味噌、大根、なめこ、ワカメ

※ ポイント 糖分は黒砂糖を使用

<ゴマ塩の作り方>
○ 材料(10~20食分): 国産黒ゴマ(大匙9杯)、自然塩(大匙1杯)
○ 器具:フライパン、すり鉢、すりこ木
○ 方法:①塩を空炒りし、すり鉢で細かくする。②黒ゴマは炒りすぎないそうに、手で潰れる程度に炒り、①と混ぜ、すりこ木で力を入れず静かに 油気が出ない程度にする。(ガラス容器などで保存する)

夕食

  • 「レンコンのきんぴら」  … レンコン、とうがらし、オリーブオイル、醤油、メイプルシロップ
  • 「さつまいも」  … さつまいもをふかしたもの
  • 「長いもの海苔かけ」  … 長いも、のり、醤油
  • 「ご飯」  … 玄米、梅干し、ゴマ塩
  • 「味噌汁」  … シイタケのだし、昆布だし、にんじん、大根、味噌

※ ポイント
・油はオリーブオイルを使用
・甘味はメイプルシロップを使用
しいたけと昆布ダシだけだと味気ない場合、人参と大根を入れると野菜のだしが出て絶品

具体例 その2

昼食

  • 「衣被(きぬかつぎ)」 … 里芋を蒸すか、蒸しゆでにします。(皮のついたまま)、また、手っ取り早くやるなら電子レンジでもOKです。
  • 「漬物」 … きゅうり、ニンジン、大根
  • 「無農薬たくあん」 … 市販のたくあんは砂糖をたくさん使っているため、 甘味が強いですが、この無農薬たくあんは一切砂糖を使っていません。味はしょっぱいです。
  • 「ご飯」 … 玄米、雑穀(はと麦、黒豆、小豆)はと麦と小豆はできるだけ食べるようにする。

夕食

  • 「きんぴら」 … れんこん、メープルシロップ、とうがらし
  • 「味噌汁」 … ネギ、しいたけのダシ、大根、味噌
  • 「漬物」 … 大根、きゅうり、ニンジン、かぶ
  • 「あじと大根おろし」 … あじの干物、ゆず、大根おろし。 魚を食べる時は必ず大根おろしを添える。基本的には魚もあまり食べてはいけないが、もし食べる場合はその毒素を出すために大根おろしを添える。 かんきつ類も取り過ぎはよくないが、旬のものなら多少はOK
  • 「ご飯」 … 玄米、雑穀

具体例 その3

昼食

  • 「じゃがいもの炒めもの」 … じゃがいもと玉ねぎを炒め、塩と醤油で味付け    したもの。    最後にちょこっとオリーブオイルをかける。
  • 「やまいもの千切り」 … 山芋、のり、少量のだし、醤油
  • 「味噌汁」 … 人参、ごぼう、大根、油揚げ、ワカメ、だし、味噌
  • 「ご飯」 … 玄米、雑穀(はと麦、黒豆、小豆)、ゴマ塩

※ ポイント
糖分は黒砂糖を使用。油は極力使用しない方がいいですが、ストレスがたまるようだったら、 ほんの少量を調理した後かけるとよい。油で炒めたりはだめです。

夕食

  • 「ほうれんそうの胡麻和え」 … ほうれんそう、だし、白ゴマ
  • 「レンコンのきんぴら」 … レンコン、とうがらし、メープルシロップ、醤油
  • 「漬物」 … 大根、きゅうり、ニンジン、かぶ
  • 「カボチャの甘煮」 … かぼちゃ、だし、メープルシロップ、醤油、塩
  • 「さんまと大根おろし」 … さんま、大根おろし
  • 「栗ご飯」 … 玄米、栗
  • 「味噌汁」 … 大根、ニンジン、ネギ、だし、味噌
  • 「しらすと大根おろし」 … しらす、大根おろし

※ ポイント
糖分は黒砂糖を使用。栗はあまり食べ過ぎは体を冷やすのでよくないですが、 旬の食べ物なのでこの程度は大丈夫です。 しらすなどの小魚や海藻は毎日でも摂るのが理想です。