胃下垂って?

胃下垂とは、胃の解剖学的な位置異常をさし、元来、病気とは別のものです。

胃下垂 イラスト

位置の基準となる場所が『ヤコビー線』と呼ばれる部位です。 このヤコビー線とは、骨盤の後上部の骨(腸骨)の右と左をつないだ線です。 胃の曲がり角にあたる胃角(いかく)がヤコビー線よりも下がった状態のものを 胃下垂と呼んでいます。

細身の人は体形に合わせて胃も細くなりやすく、逆に太った人では胃下垂にならないのが普通です。

胃下垂は病気?

先ほどもご説明した通り、胃の位置異常を言うのであって病気ではありません。

しかしながら、胃というのは神経的に敏感に反応する臓器なので、お医者さんから、「胃が下垂しています」 と言われると、急に重苦しくなったり、もたれを感じたりすることがあるのです。

症状

病気ではないので、通常は症状がないのが普通です。

よく、『もたれ』 『食後の膨満感』 『食欲不振』 『心窩部疼痛(しんかぶとうつう)』 などを訴える方いますが、これは、胃下垂ではなく胃アトニーによる症状です。しかしながら、胃が下垂していて、これらの一連の症状(症候群)を持っている場合を「胃下垂症」とよんだりします。

胃アトニーとは、胃の筋肉が弱っている状態で、蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱くなり食べたものが消化されに難くなります。

胃アトニー>>

また、最近では、逆流性食道炎が増えてきています。胸焼けを伴う場合は、胃液が食道へ逆流していることが考えられるので注意が必要です。

逆流性食道炎>>

原因

痩せている人に起こりやすく、妊娠と出産を繰り返した女性にも多くみられます。

胃下垂だから痩せている(痩せる)のではなく、痩せていると胃下垂になりやすいのです。