逆流性食道炎 原因について

逆流性食道炎の原因として一般的によく知られているのが、 『高齢化や食の欧米化』です。

最近では若い方にも多く発症しています。

近年、日本で増えている病気の一つでが、 胃液の逆流を抑えるために働く『下部食道括約筋』の機能が十分に働かなくなるために起こります。

原因

胃に食べ物が入ると横隔膜(おうかくまく)や筋肉が働いて、境目にある噴門(ふんもん)が閉鎖して『逆流防止機構』が働きます。

普通は胃の内容物(食べたものや胃液など)が食道に入り込むことがありませんが、この働きが悪くなり『弁がゆるむ』と、胃液が食道に流れ込む(逆流する)ようになります

これが繰り返されると、食道に炎症を引き起こすことになり、いろいろな症状を引き起こすようになります。

その1

過度なストレス。胃はストレスにとても敏感な臓器です。慢性的なストレスが加わると胃酸の分泌か活発になります。自覚しているストレス(神経症)。自覚していないストレス(心身症:夢で笑うことがある方は要注意!)

その2

喉のつかえ 違和感 痛み を主症状である場合、”げっぷ”が原因の場合があります。 空気嚥下症(呑気症)や炭酸水健康法など

その3

萎縮性胃炎、腸上皮化生、胃癌 など重篤なもの(こちらの場合は、専門医に委ねます。)

弁がゆるむ原因

〇 筋力低下 … 食道と胃の境目(噴門)の筋力が低下。〔猫背や高齢による〕

食道裂孔ヘルニア  … 胃が食道裂孔(横隔膜の孔)そ貫き上にはみだしてしまう。

〇 胃液分泌量の増加  … 胃液の量が多いと逆流する量も増えます。〔ストレスや食べ物による〕

〇 胃の内圧亢進  … 暴飲暴食、肥満、体を締め付けた服装、子宮筋腫、妊娠などにより、胃内部の圧力が亢進すると、 弁を押し広げて逆流しやすくなります。

〇 背骨の歪み、不良姿勢  … 猫背は胃の内圧の亢進につながります。また、噴門を緩める作用が働きます。

〇 自律神経の異常  … 腹腔神経(交換神経)の働きがうまくいかないために支配領域である 食道下部、胃、腸の機能がうまく働かなくなる。

〇 脂肪分の取りすぎ  … 脂肪摂取時に働くホルモンの影響により、弁が開きやすくなります

胃下垂、胃アトニー