逆流性食道炎 症状はどうやって対処したら良いか!

流性食道炎の治療と対策 は大きく分けて、

があります。

薬の服用で治る場合も多くありますが、治らない場合は、その基盤に体の歪みや食生活・生活習慣の乱れがある場合があります。

薬物療法

専門医にゆだねます。 まずは専門医にしっかりと診察を受けてもらうことをお勧めします。

体の歪み(お薬で結果がおもわしくない場合)

背骨の歪みを整えます。

直接的には噴門部のあたりの背骨の曲がりが関係しますが、そこの部位が曲がってしまう大本の原因は体の重心の狂いにあります。

ですので、曲がった背骨の部分は直接施術しても効果がない場合がほとんどで、 骨盤や下腿、足首を中心とした調整が必要になります。

詳しくは、当院の施術へ>>

噴門部筋力強化

閉鎖する筋力が弱っていますので強化します。

生活の見直し

服装、姿勢、喫煙、アルコール など。

↑Page Top へ

ブログバナー
喉、食道、胃腸の施術

逆流性食道炎

逆流性食道炎についての全般的な解説

非びらん性胃食道逆流症

食道下部にびらんがないのに症状がおこる

症状について

どのような症状が起こるのか?

原因について

思い当たる原因はありますか?

対処法は?

代表的な対処法について

食道裂孔ヘルニア

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃下垂の併発

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃痛

胃痛、みぞおちの痛みがある場合

声枯れ 喉のつまり感

声枯れ、喉のつまり感、つかえ感、喉の痛みがおこる場合

息苦しさ

息の苦しさを併発する場合

食事の具体例

食事のポイントや具体例など

プロフィール画像

院長:長野秀暁 1968年生まれ

  • 1991年3月 国家資格 あんまマッサージ指圧師免許取得
  • 1992年3月 国家資格 鍼師灸師免許取得
  • 2001年 あかつき療法院 開院。

プロフィール>>

- 掲載誌 -

はじめてご来院の方へ