逆流性食道炎で起こる声枯れ、喉のつかえ、つまり、違和感

声帯の写真

喉の調子が悪い、いがいがしたり、チクチクしたり、たんが絡むだり、声が枯れたり…。

心配になって耳鼻咽喉科へいって診察してもらうと、逆流性食道炎であると診断される場合があります。

逆流性食道炎といえば、胸やけや胸のつかえを主症状としますが、そういった症状があまりおこらず、喉や耳の違和感として発見される場合があります。

声楽やボイストレーニング、歌い手、アナウンサー、教師、講師 …など、声を使うことを職業にしている方にとっては特に悩ましい症状です。

胃液が食道よりももっと上の咽頭(いんとう)まで上がってきて、それが、喉頭(こうとう)に降りてくるため症状が起こります。

口の中がすっぱいと感じることもありますが、そうでない場合は、主にゲップとして挙がってくるのです。

初期の状態では、喉頭に炎症が起こっているわけではなく、上の写真にあるように、声帯のまわりに唾液が増えているのです。この唾液が喉をいがいがさせたり、声枯れをつくります。

歌をやっている方の場合、耳鼻科へ行っても喉頭(声帯)に炎症がない場合、発声の仕方に問題があるといわれることもある症状ですが、実は、過度に増えすぎる唾液のために声がイガイガ枯れることが多いのです。

そして、胃痛や胸焼けなど胃・食道に症状がないのに、喉(のど)に唾液がたまってしまう場合は、知らず知らずの内に空気を飲み込んでしまい、“げっぷ”で胃液が上がってきてしまう呑気症候群(どんきしょうこうぐん)の場合もあります。

また、健康のため、炭酸水健康法をやっている方もゲップとして胃酸が上がる機会が増えるので注意が必要です。

お問合せ・料金

東京都・府中市・調布市 その他の地域など

↑Page Top へ

ブログバナー
喉、食道、胃腸の施術

逆流性食道炎

逆流性食道炎についての全般的な解説

非びらん性胃食道逆流症

食道下部にびらんがないのに症状がおこる

症状について

どのような症状が起こるのか?

原因について

思い当たる原因はありますか?

対処法は?

代表的な対処法について

食道裂孔ヘルニア

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃下垂の併発

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃痛

胃痛、みぞおちの痛みがある場合

声枯れ 喉のつまり感

声枯れ、喉のつまり感、つかえ感、喉の痛みがおこる場合

息苦しさ

息の苦しさを併発する場合

食事の具体例

食事のポイントや具体例など

プロフィール画像

院長:長野秀暁 1968年生まれ

  • 1991年3月 国家資格 あんまマッサージ指圧師免許取得
  • 1992年3月 国家資格 鍼師灸師免許取得
  • 2001年 あかつき療法院 開院。

プロフィール>>

- 掲載誌 -

はじめてご来院の方へ