逆流性食道炎 食事について

最も基本的なことですが、食事 で大切なことは「食べ過ぎない」ことです。
一度に多くの食事をとることにより、胃内圧が上がり、胃液も増加して逆流が起こりやすくなります。
また、食事は、急がずにゆっくりと、すすらないで食べるのが、コツです。

肉食は減らし、野菜中心の食生活へ

豚肉や牛肉などは逆流性食道炎を悪化させるので「禁止食」とされています。野菜中心の食生活に切り替えることが大切です。

どうしてもお肉を食べたいときは、鳥肉にします。

ご飯は玄米を中心とするのが良く、理想は100%玄米ですが、初め難しいようでしたら、3割 → 5割 …。 と除除に増やしていくようにしましょう。

逆流を起こしやすいといわれている飲食物

トンカツやコロッケ、てんぷら 等の脂っこい食事をとると「胸焼けがする」という方、多いのではないでしょうか?
これは、脂肪をとったときに働くホルモンの影響によるもので、食道下部の括約筋をゆるめて、胃液や胆汁を食道に逆流しやすくしてしまうために起こります。

以下、取りすぎに注意したい飲食物

高脂肪食、揚げ物、オレンジなどの柑橘類、唐辛子やコショウなどの香辛料、食塩、ミント、カレー、ケーキや和菓子など甘味の強いお菓子、コーラなどの炭酸飲料、カフェインが多いコーヒーやお茶、アルコール … など。

極端に体調が悪いと「おかゆ」のみの食事が続いてしまうことがあります。
しかし、それでは栄養の偏りが出てきますし、体力も衰えていってしまいます。

キチント食べることも大切であることを忘れてはいけません。

基本的に食事は1日二食です。

具体的な食事のポイント

食事 具体例 その1

昼食

<ゴマ塩の作り方>
材料(10〜20食分): 国産黒ゴマ(大匙9杯)、自然塩(大匙1杯)
器具:フライパン、すり鉢、すりこ木
方法:@塩を空炒りし、すり鉢で細かくする。A黒ゴマは炒りすぎないそうに、手で潰れる程度に炒り、@と混ぜ、すりこ木で力を入れず静かに 油気が出ない程度にする。(ガラス容器などで保存する)

※ ポイント 糖分は黒砂糖を使用

夕食

※ポイント
油はオリーブオイルを使用
甘味はメイプルシロップを使用
しいたけと昆布ダシだけだと味気ない場合、人参と大根を入れると野菜のだしが出て絶品。

具体例 その2

昼食

夕食

具体例 その3

昼食

※ ポイント 糖分は黒砂糖を使用
油は極力使用しない方がいいですが、ストレスがたまるようだったら、 ほんの少量を調理した後かけるとよい。油で炒めたりはだめです。

夕食

※ ポイント 糖分は黒砂糖を使用
栗はあまり食べ過ぎは体を冷やすのでよくないですが、 旬の食べ物なのでこの程度は大丈夫です。 しらすなどの小魚や海藻は毎日でも摂るのが理想です。

↑Page Top へ

ブログバナー
喉、食道、胃腸の施術

逆流性食道炎

逆流性食道炎についての全般的な解説

非びらん性胃食道逆流症

食道下部にびらんがないのに症状がおこる

症状について

どのような症状が起こるのか?

原因について

思い当たる原因はありますか?

対処法は?

代表的な対処法について

食道裂孔ヘルニア

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃下垂の併発

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃痛

胃痛、みぞおちの痛みがある場合

声枯れ 喉のつまり感

声枯れ、喉のつまり感、つかえ感、喉の痛みがおこる場合

息苦しさ

息の苦しさを併発する場合

食事の具体例

食事のポイントや具体例など

プロフィール画像

院長:長野秀暁 1968年生まれ

  • 1991年3月 国家資格 あんまマッサージ指圧師免許取得
  • 1992年3月 国家資格 鍼師灸師免許取得
  • 2001年 あかつき療法院 開院。

プロフィール>>

- 掲載誌 -

はじめてご来院の方へ