逆流性食道炎における あかつき療法院の施術について

逆流性食道炎 施術例

あなたのお悩みは何ですか?〜喉、食道、胃腸の不快な症状

胸焼け、胃痛、胃もたれ、慢性胃炎、喉頭炎(のどの痛み)、背中の痛み、腹痛、食欲不振、吐き気、咳、息苦しい) など…。

お腹や背中を強く押したり揉んだりすることなく、優しい生体力学的な刺激で内臓の位置を修正していきます

こんな方はお気軽にご相談ください。

慢性的な腹部の圧迫や捻れ、胃下垂や胃アトニーは、食道裂孔部の歪みをつくり、食道下部括約筋の筋力低下につながります。

逆流性食道炎に限らず、内蔵は正しい位置に正しい形で存在したとき正しく機能します。

歪んだ横隔膜 イラスト

などにより歪みやすくなります。

施術の目的

@ 胃、食道下部の位置異常の修正。
A 腹腔神経(自律神経の交感神経)の調整。
C 必要により、食道下部括約筋の強化の体操指導。

整体は「肩こり、腰痛くらいしか効果がないもの」と思っていませんか。ワンランク上のあかつき療法なら、内臓の異常を調整できます。

病院で、噴門部の括約筋が緩んだものはもうもとに戻らないと言われた場合でも、バレット食道になっていない場合は噴門部括約筋の強化は可能です。(個人差はあります。)

治療可能な範囲

食道知覚過敏、胃内圧上昇、下部食道括約筋機能低下、胃液分泌増加、食道裂孔ヘルニア(程度による) や、その他、機能性疾患、局所の炎症によるものは施術可能です。

しかし、器質性疾患の強いもの(バレット食道、萎縮性胃炎、腸上皮化生、胃癌 など重篤なもの場合は適応外ですので専門医に委ねます。.)

内臓の位置異常を検査

立位にて胃、腸、食道下部の位置異常を触診で検査
(通常、腹診といえば、仰臥位〔あおむけ〕で行うのが一般的ですが、当院では内臓の位置を立体的にとらえるため、立位や座位で行います。)

胃、食道の位置異常検査

座った状態で背骨、背中全体の状態を検査

座位で背中全体の状態を検査

施術

従来の整体、マッサージ、カイロなどと違った無痛の力学的な施法で、胃、食道の位置異常を修正していきます。

通常、1〜3回で症状の改善を感じる方がほとんどです。(ただし、生活習慣病やうつ症状や、精神疾患が強い場合は効果が出にくい場合があります。)

逆流性食道炎の施術例

※上記写真はあくまで一例です。実際は、患者さんの身体の状態(胸焼けがひどい、喉の違和感が強い、胃の痛みが困っている、背中の痛み など)によって操法が変更されます。

☆ 従来の指圧、マッサージ、整体、カイロ、矯正などとは全く違う施術方法です。

どうしたら良いかお悩みの方はお一人で悩まないでお気軽にお問合せください。
当院は都内でも数少ない逆流性食道炎を専門に施術できる整体院です。

お問合せ・料金

京王線 多磨霊園駅 徒歩1分
東京都府中市清水が丘3-23-14 清水が丘ビル202

東京都・府中市・調布市・埼玉県・神奈川県 その他の地域など

↑Page Top へ

ブログバナー
喉、食道、胃腸の施術

逆流性食道炎

逆流性食道炎についての全般的な解説

非びらん性胃食道逆流症

食道下部にびらんがないのに症状がおこる

症状について

どのような症状が起こるのか?

原因について

思い当たる原因はありますか?

対処法は?

代表的な対処法について

食道裂孔ヘルニア

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃下垂の併発

噴門部の食道下部括約筋の筋力低下

胃痛

胃痛、みぞおちの痛みがある場合

声枯れ 喉のつまり感

声枯れ、喉のつまり感、つかえ感、喉の痛みがおこる場合

息苦しさ

息の苦しさを併発する場合

食事の具体例

食事のポイントや具体例など

プロフィール画像

院長:長野秀暁 1968年生まれ

  • 1991年3月 国家資格 あんまマッサージ指圧師免許取得
  • 1992年3月 国家資格 鍼師灸師免許取得
  • 2001年 あかつき療法院 開院。

プロフィール>>

- 掲載誌 -

はじめてご来院の方へ