逆流性食道炎の原因になる食道裂孔ヘルニア

横隔膜という筋肉には①食道裂孔 ②大静脈孔 ③大動脈裂孔、という孔が3つ開いています。

そのうちの ①食道裂孔には食道が通り、その下に胃があります。

食道裂孔ヘルニアとは、胃が食道裂孔を貫き、上へはみ出てしまった状態をいいます。

食道裂孔ヘルニア イラスト

原因

腹圧の上昇により起こりやすくなします。腹圧は

  • 肥満
  • 猫背、背中が丸くなる
  • 窮屈な服装、コルセット、補正下着など
  • 咳や くしゃみ
  • 横隔膜の筋力低下
  • 先天性

などで上昇しやすくなります。

症状

食道裂孔ヘルニア があると、逆流性食道炎を起こしやすくなるので、胸やけ、胸痛、胸のつかえ感、息苦しさ といった症状を起こすことがあります

逆流性食道炎 症状を詳しく見る >>

しかしながら、食道裂孔ヘルニアであるからといって、すぐに症状がでるわけではなく、無症状の場合も多々あります。

症状が発症する場合は、ストレスや胃炎、偏食などを引き金にしてなって起こる場合ががあります。